BARN DOOR  tsuyama 2019

2019年8月26日 1:34 AM  

林檎の木から鉛筆が完成✏︎

『BARN DOORのレンタルスタジオ』で鉛筆教室を開催

 

 

鉛筆のイベントに沢山の子供が来てくださり誠のありがとうございました。どんな感じのイベントなのか今後参加してくださる方の為に『レンタルスタジオ』で行った風景と説明をさせて頂きます

 

 

1、林檎の枝を選ぶ

2、選んだ枝を切る作業をする

3、枝の中央に穴を開けて芯を入れる

4、芯の濃さを選び芯を入れる

5、鉛筆になるよう削る作業をする

6、完成で書いてみる(3本作れます)

 

 

1 林檎の枝を選ぶ

 

 

沢山の枝がありますのでお好きな林檎の枝を選んぶ事からスタートします。『BARN DOORのレンタルスタジオ』の鉛筆教室では軍手などは用意しておりますので準備は必要ありませんでした。

 

選ぶ事にも個性があって太い枝を選ぶお子さんと細い枝を選ぶお子さん色んな性格が出ておりました ^ – ^

 

 

2 選んだ枝を切る作業をする

 

 

切る作業は刃物を使用しますので枝を持ってもらう形でお手伝いは頂きますが刃物は作業責任者のみが使用して安全面にはとても考慮して使用させて頂きました。

 

切る作業はお子さんは初めての方が多く一緒に切るだけでも喜んでくれ、楽しく切る作業工程ができました

 

 

枝の中央に穴を開け芯を入れる

 

芯の濃さを選び芯を入れる作業

 

 

枝に穴を開ける作業は作業責任者が行い、中に入れる芯を選び(HB・B・2B・3B・4B)選んだあとは芯を枝の穴にいれて固定させます。

 

手作りで出来る鉛筆の光景を初めてみたお子さんが多くて目をキラキラさせておりました(^ ^)

 

 

5 鉛筆になるよう削る作業をする

 

 

削る作業は最終工程になり、刃物を使う作業になるので親御さんと一緒にする作業になります。鉛筆づくりの仕上げになる工程なので丁寧にやる事で描きやすさに変化も出たりします。

 

普段することのない作業を一緒にする事でどのお子さんも親御さんも楽しくしているように見えました

 

 

6  ついに完成(3本作れます)

 

 

お子さんと手作りで一緒に何かを作る事は少なくなっていると思いますが、ぜひこの機会をうまく活用して頂きましてこのような素敵な手作り鉛筆を作ってみませんか?『BARN DOORのレンタルスタジオ』では参加をしてくださった親御さんは大満足な様子でした。今後も色んな教室を『BARN DOORのレンタルスタジオ』で行っていきますので是非ともお気軽に参加してみてください。

←Prev|Next→

Next→